ドイツは北に海がある

北ドイツ・ロストックでの愉快な日常。

イエスの誕生日ねつ造疑惑。~クリスマスマーケット~

いよいよクリスマスマーケットが始まりました!

f:id:hasseri:20161129194850j:plain

日本、特に都会で暮らしているとクリスマスのありがたみが中々わかりませんが、

ここドイツ、比較的田舎、かなり北のロストック。

11月に入ると日の照っている時間がとても少ない。

朝の8時はまだ薄暗く、昼の2時頃から「あー、一日が終わっていく・・・」と。

そして、日本の都会のように街にネオンの看板があるわけではなく、

暖かい色の街灯があるだけで、基本的に暗い。暗いですよ。本当に。

そんな暗い日々を送っていても、クリスマスがあると思うから頑張れる!

クリスマスというイベントによって、街が電飾にあふれ、「暗さ」から解放されるんです。

 

最近、思うんです。

・・・・・イエスの誕生日は後からねつ造されたんじゃないか?」と。

 

 

『キリスト教の信者を集めるため、この暗い冬を逆手にとって、お祭りにして、
民衆に光を与えて、キリスト教信じてもらっちゃおうよっ!
まぁ、実は彼、夏生まれだけど、夏はみんな放っておいても外で日光浴とかできるし、楽しめる。
冬こそ楽しめるイベントを我々が作り上げてキリスト教を広めるのだぁぁぁ!』

と考えた、布教者がいたのでは。。。と。

だとしたら、相当のイベンターだ。最高の企画力だ!(ちなみに私は無宗教)

 

ということで、私は初日からテンション最高潮でクリスマスマーケットにでかけました。あまりにも楽しくて、夫が多少ひいていました。「え、そんなに楽しい?」と。

 

ちなみに、クリスマスマーケットと一言で言っても、ドイツ各地で趣向が違います。

ここロストックではクリスマスマーケケット=移動遊園地でもあるんです。

次は旧東ドイツの愉快な日本ではありえない乗り物をご紹介します。

お楽しみに。